婦人

鏡を見て自らの瞳に惚れ惚れ|欧米人のような二重は美容クリニックへ

二重形成術の違い

頬を触る女性

全国各地に美容クリニックが建ち並んでいます。それらの中で整形施術を受けようと検討するなら、実際に受けた利用者達の症例写真を参考にしてみるといいでしょう。症例写真には施術前と後の様子がはっきり写されているので、整形施術を受けたことによって得られた効果の大きさが一目瞭然です。二重形成施術を受ける際には、自分が希望するイメージに近づく為に最も適した施術法を選択しましょう。その施術法の中には、大きく分けて切開法と埋没法があります。切開法は、直接まぶたにメスを入れて脂肪を取り除き、希望する二重ラインにそって縫合する方法をとります。その為、元の形に戻すことは不可能です。しかし、逆に捉えるとその二重幅を半永久的に保てると言えます。脂肪を取り除くことで、再びまぶたが脂肪に覆われることはよほどのことでない限りありません。

それとは別に二重を目指せる埋没法は、整形施術に対して不安を抱えている初心者を安心させる施術法になります。特殊な細い糸を用いて、まぶたの数点を二重ラインに合わせて留めるだけという、何ともシンプルな施術法です。留めている糸を外してしまえば、施術後でも目を元の形に戻すことが可能です。いろいろな二重の幅を試したい人にも最適なもので、期間限定のイメチェンとして埋没法を選択する人もいます。また、目の印象は二重の幅によって大きく異なるでしょう。自分に最も似合っている幅を見つける為に埋没法を繰り返す人も少ないと言われています。埋没法は術後、切開法と比較して腫れが少ない為に違和感があまり生じないとされています。

二重の種類には末広型や奥二重、平行型といったものがあります。末広型と奥二重は比較的に似ているでしょう。平行型の二重は目頭から目尻に掛けてほぼ同じ幅の二重となるので、3種類の中でも最もぱっちりとした印象をもたらしてくれます。整形施術によってこうした種類の二重の中から好きな形を選び、実際に施してもらえるので望ましい姿へ変身できると言えるでしょう。ダイエットをしてまぶたの脂肪が少なくなると、一重の人が二重になるケースもありますが、ダイエットだけでは形まで整えることは難しいです。

美容クリニックで自分の理想の姿を求めるなら、施術前に行なわれるカウンセリングにて理想とするイメージをしっかり伝えておきましょう。施術を担当する執刀医と共にイメージをしっかり共有することで高い成功率を期待できます。また、美容クリニック選びをする際には、公式ホームページで過去の施術例をチェックしておきましょう。利用者が利用を検討しやすくなるように、二重形成術にかぎらず、脂肪吸引施術やボトックス注射、小鼻縮小施術などさまざまな施術の症例写真が掲載されています。こうしたものがあるおかげで、美容クリニックごとに成功率の高さを十分に比較できます。施術前の目の形が自分と似ている人の症例写真は、大きな参考材料になるでしょう。